AmiNature(アミナチュール) | フルーツ農家が発信する内側から「キレイ」になるメディア

     DRY FRUITS SUPER HEALTHY MAGAZINE

メディア開始から半年。ご愛読いただいているみなさまにご報告があります。

September 11, 2017
2330 views
メディア開始から半年。ご愛読いただいているみなさまにご報告があります。
LINEで送る
Pocket

AmiNatureの看板娘。ドライフルーツへの愛情は誰にも負けない。一番好きなドライフルーツはやはり桃。

 

こんにちは、KAORIです。
いつもAmiNature(アミナチュール)をご愛読いただき、ありがとうございます。

今日は、みなさまにひとつご報告したいことがあってブログ記事を書くことにしました。
最後までお読みいただければ幸いです。

現在第一子を妊娠中で、順調に予定日まで行けば3600gを超えた元気な男の子が今月産まれる予定です。
初めての妊娠、出産、子育てで妊娠当初は不安もありましたが、臨月となった今はこの子の母はわたししかいない!とドンと構えています。

妊娠してから今日まで体の変化に驚くことがたくさんありました。
ホルモンの急激な増加、それによる変化、悪阻など妊娠を通して気がついたことや感じたことをここで残し、特に少しでも現在妊娠されている方の参考になればと思います。

妊娠発覚〜初期

まず妊娠が発覚してすぐに訪れた悪阻。人によって悪阻があるない、重い軽いなど症状は様々ですが、わたしの場合はごく一般的な悪阻で重くも軽くもないちょうど中くらいといった症状でした。

悪阻が重い人は飲み物も飲めず、入院して点滴を打ってもらう人もいるので、食べ物を食べられるだけありがたいことです。

初期のころは食べづわりといって胃がムカムカして常に口に何か入れていたいという症状で、主人に頼んで会社からドライフルーツをよく持って帰ってきてもらっていました。
たくさん食べても戻してしまうことが多かったので、少しずつ栄養のあるものを口にすることがポイント。
砂糖無しの無添加ドライフルーツや柑橘系のフルーツはとても重宝しました。

加えて初期に辛かったことと言えば、尾骶骨あたりの腰痛。
骨盤を閉めるベルトなしでは、階段を降りるのも一苦労でした。
病院の先生に聞くと「リラキシン」というホルモンの影響で赤ちゃんの住みやすい環境をつくるため、関節や靭帯を緩めて広げようとする働きから痛みが発生するようです。

続いて奥歯も痛くなり、歯科に行ってレントゲンで確認したところ、虫歯ではなく炎症を起こしているだけとのこと。これも実はホルモンの影響でした。
調べてみると、妊娠してから歯が痛くなった妊婦さんが多いみたい。
お母さんの虫歯菌は赤ちゃんに移ってしまうので、もし虫歯があったら安定期のうちに治療をしておくことをおすすめします。
母乳をたくさん与えることでお母さんがカルシウムが不足になり、歯が欠けてしまうなど出産後の歯のトラブルもあります。
一生使うものなのでしっかりとお手入れしておきたいですね。

妊娠中期(安定期)〜後期

中期と呼ばれる安定期に入ると悪阻も落ち着き、食べ物がおいしく感じられ普段と変わらない食事ができるようになりました。
悪阻のときは食べられるものを何でもいいからと食べていましたが、この時期になるといよいよ赤ちゃんのことを考えて栄養を摂らなければなりません。

野菜、卵、肉、魚、米、パン、フルーツなどをバランスよく摂ることを心がけ、朝ごはんはヨーグルトやシリアルで済ませていましたが、卵などのタンパク質やパンなどの炭水化物を摂るように。
わたし自身の体重も赤ちゃんの体重も平均値でとても順調に育っていきました。
畑を手伝いに行ったり会社で仕事をしたり、適度に体を動かすことで心も落ち着き、安定期のうちは何も問題なく過ごすことができました。

後期に入ったタイミングで、同時に桃の収穫がピークに。
立ち仕事が増えて足が浮腫む、つるなどの症状が絶えませんでした。
7月はたくさん働いてしまい体を酷使してしまったので今となっては少し反省しています。
無理は禁物ですね。

桃は毎日食べ放題に近い状態でしたので、フルーツは体にいいものだと何も知らずに1日5〜6個桃を食べていましたが、それが原因で1ヶ月で4キロも体重が増加してしまい、さすがに病院の先生に注意されました。
フルーツは初期〜中期はそこまで気にする必要はありませんが、後期は糖分を吸収しやすいので1日1個まで。
朝昼晩で分けたり、家族がいる時に食べて少量にしたりと量を気をつけましょう。

とはいえケーキなどの甘い物が食べたくなる時期。ですがここはぐっと我慢して栄養価の高いものを少量食べるようにしましょう。妊婦さんのおやつは、食事と同様に大事なのです。
栄養価の高いドライフルーツも、1日の摂取量を25g〜30g(AmiNatureの無添加のドライフルーツの場合、この量だと約80〜100kcalほどに相当します)に抑えておくと、体重に大きな影響は与えません。

しかしシビアになりすぎてかえってストレスになるのもNG。
1週間に1度、ご褒美にケーキなど好きなおやつを食べるなどと決めて、ストレスを溜めないように工夫するのも大切です。体重を管理しつつ無理のない程度に過ごしてくださいね。

先日、AmiNatureのドライフルーツを「あぐりずむ」という東京FMのラジオで紹介していただきました。
あぐりずむTOKYO FM
ドライフルーツを始めたきっかけ、どんな思いでここまできたか、そして現在の活動や今後の目標などをインタビュー形式で答えました。
その後「ラジオ聴きました」と電話で注文があったり、ショップでの注文がたくさんあったりと反響が多く驚きました。
また、山梨長野版ですが今月号のゼクシィにもドライフルーツをのギフトセット取り上げていただき、そちらもご好評いただいております。
ゼクシィ10月号 山梨長野版

ドライフルーツを作り始めて3年、そしてこのメディアサイトを4月から始めて約半年が経ち、少しずつですがAmiNatureの名前が全国に広がっていっているのを実感しています。
勢いに乗ってきたところでもあり、そしてまだまだやりたいことは山ほどありますが、出産のため記事に関しては少しだけお休みさせていただきたいと思っております。
そして今後は、子育てに関してのブログや子供が食べても安心な食べ物の記事など、実際にわたし自身の経験等をもとに増やしていく予定です。

今後とも、AmiNatureをよろしくお願いいたします。

KAORI
出産、子育て頑張ります!AmiNature KAORIでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

OUR STORY

このサイトは4人の仲間で運営しています。

4人は東京で出会った仲間でした。 建築、ファッション、IT、自動車開発と皆第一線で数年活躍してきましたが、あまりに忙しすぎる都会の生活に、日々のリズムを崩してしまいました。これをきっかけに、わたしたちは都会を離れ、それぞれ新しい土地で新しい人生の歩み方を探し始めました。

そして数年後、個々が新しいライフスタイルを模索した結果にたどり着いた一つの解がフルーツ、ドライフルーツを取り入れた健康生活です。 その中で得た情報をより多くの人に向けて発信できないかと考えたわたしたちは、再びこのサイトに集うこととなりました。

フルーツやドライフルーツがすべての健康問題を解決できるとは考えておりません。それでも、このサイトを通して少しでも多くの方にとって、よりよいライフスタイルを送るためのヒントになれば幸いです。  
OUR STORY