AmiNature | フルーツ農家が発信する内側から「キレイ」になるメディア

     DRY FRUITS SUPER HEALTHY MAGAZINE

フルーツ王国山梨に嫁ぎました。

March 1, 2017
701 views
フルーツ王国山梨に嫁ぎました。
LINEで送る
Pocket

AmiNatureの看板娘。ドライフルーツへの愛情は誰にも負けない。一番好きなドライフルーツはやはり桃。

こんにちはKAORIです。
2017年4月より、こちらのメディアサイトを始めました。
わたしの記事がきっかけになって、より多くの方にフルーツや無添加ドライフルーツの魅力を知っていただけたら嬉しいです。
情報の記事がメインですが、たまにこうしてライター別にブログも書いていきますのでよろしくお願いします。今日はわたしの紹介を少しさせていただきます。

千葉県生まれ千葉県育ちで、高校時代まで千葉の田舎で育ちました。
高校2年生の時に美大に行くことを決意し、大学は八王子のほうにある東京造形大学デザイン学部室内建築学科に入りました。
内装デザインや家具デザインなど内装設計やインテリアについて学び、東京で7年間内装デザインの仕事に携わっていました。現場監理も行なっていたので大変なことは多かったですが、創造することが好きでしたし、好きなことをしてお客様に喜んでいただける、という仕事はとてもやりがいがありました。

建築の仕事をしている時に東京で出会った今の主人と結婚し、そして間も無く、主人の実家の家業である山梨県の桃・ぶどう農家を継ぐことを決心して2人で山梨県に2016年より移住しました。


移住して初めは不安もありましたが、それ以上に山梨県にはたくさんの魅力がありました。やっぱり1番は空気がおいしい!都会の満員電車や人ごみに慣れていたわたしは、それだけで感動してしまいました。

同じようにフルーツをつくっている農家さんもたくさん周りにいて、情報交換をしています。農家でなくても小さな畑を持ち、自給自足の生活を楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。

山梨県は山が多く、その山から降りて来た水がとてもキレイ。盆地のため太陽の光が畑全体にいきわたり、美味しい水と組み合わさって甘くてみずみずしいフルーツが出来上がるんだろうなと思いました。

フルーツ王国と言われているだけあって、1年中と言っていいほどフルーツが採れます。
桃の花の絨毯「桃源郷」など、フルーツの収穫以外にも、季節ごとに果樹が育っていく過程を間近でみることができるのは楽しみのひとつでもあります。

そんなフルーツ王国の山梨県で、わたしは何か農作物以外にできることはないかと考え、フルーツを生かした加工品をつくることを考えました。
ジャムやジュースの加工品は多かったですが、ドライフルーツはまだ多くはなく、無添加でやっているところはほとんど見かけませんでした。

せっかく山梨県で育てた自然の恵みをたくさん浴びたフルーツを、そのままの味を届けたい!そんな想いでドライにする機械を購入して製造する決意をしました。
実験に実験を重ねて、ようやく美味しく乾燥させることができるようになり、無添加ドライフルーツのインターネット販売を始めました。
初めは友達からのみの購入でしたが、口コミやSNSから広がり1年後には全く知らないお客様や、北海道から沖縄まで全国から注文がいただけるようになりました。

今後はこのサイトを通じて、生産者側の情報を発信しつつ、フルーツやドライフルーツ、山梨の魅力などを広めていけたらと思います。
何かひとつでも「得があった!」「山梨に行ってみたい!」と思えるような記事にしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

KAORI
AmiNature KAORIでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

OUR STORY

このサイトは4人の仲間で運営しています。

4人は東京で出会った仲間でした。 建築、ファッション、IT、自動車開発と皆第一線で数年活躍してきましたが、あまりに忙しすぎる都会の生活に、日々のリズムを崩してしまいました。これをきっかけに、わたしたちは都会を離れ、それぞれ新しい土地で新しい人生の歩み方を探し始めました。

そして数年後、個々が新しいライフスタイルを模索した結果にたどり着いた一つの解がフルーツ、ドライフルーツを取り入れた健康生活です。 その中で得た情報をより多くの人に向けて発信できないかと考えたわたしたちは、再びこのサイトに集うこととなりました。

フルーツやドライフルーツがすべての健康問題を解決できるとは考えておりません。それでも、このサイトを通して少しでも多くの方にとって、よりよいライフスタイルを送るためのヒントになれば幸いです。  
OUR STORY