AmiNature(アミナチュール) | フルーツ農家が発信する内側から「キレイ」になるメディア

     DRY FRUITS SUPER HEALTHY MAGAZINE

ABOUT US

ABOUT US
LINEで送る
Pocket

AMI = 友達 

Nature = 自然

アミナチュールは「自然と友達」

体に流れる大事なものだから、できる限りのピュアなフルーツと野菜をご紹介していきます。
Ami Natureは山梨の自然を愛し、澄んだ空気や水、人々と共存するオリジナルブランドです。

 

STORY

 

こんにちは。AmiNature社長の、向山浩太です。

僕自身は大学で上京し、東京で働き、遊び、20代の最後にKAORIという生涯の伴侶を得ました。
順風満帆のように見えた東京での暮らしでしたが、父の健康状態に不安があったこと、東京での緊張感あふれる生活に心身ともに疲れ切ってしまっていたことなどもあり、30歳を機に山梨に戻って農家を継ごうと考えました。

 

KOTA
そろそろ山梨に戻って農家を継ごうと思うんだ。
KAORI
いいんじゃない? 山梨行こう。
KOTA
ついてきてくれるの?
KAORI
もちろんでしょ!

こうして夫婦で山梨に戻り、農業に携わるようになります。
特に東京育ちのKAORIは、慣れない山梨の環境に苦労したことと思いますが、その不便さ以上に、山梨の持つ自然の雄大さや、その土地に息づく人々や文化の温もりに心惹かれていきました。

 

KAORI
この桃、すごくおいしい!!
KOTA
うちの家系が代々続けている技が詰まった桃だからね。桃は自然がくれる宝石の原石みたいなものだから、技を使って味に磨きをかけているんだよ。
KAORI
そうなんだ。とにかくおいしい!
KOTA
俺は小さい頃から食べているから当たり前の味だけど、一個2,000円以上の値がつくこともあるから普通に考えたら特別なものだよね。
KAORI
うん。やっぱ高級品だね。それに桃って7月から1ヶ月くらいしか食べごろじゃないんだよね?
KOTA
そうだよ。旬の時期に出荷して完売しちゃうからね。
KAORI
でもわたし、秋でも冬でも春でもこの桃が食べたいよ。
KOTA
理想はそうだけどそればっかりはね・・・。
KAORI
じゃあ、この味を保存していつでも食べられるようにしてみるのはどう?
KOTA
考えたことなかったな。チャレンジしてみようか!

 

こうして、KAORIの発案から桃の味を一年中楽しむための研究が始まりました。

 

KAORI
桃を冷やしても味が落ちるし、風味も飛ぶ。砂糖につけてみても糖分が多すぎて桃本来の味が砂糖に負けてなくなっちゃう。それに体にも良くないよね。
KOTA
そっか。じゃあ、何か使って加工することにこだわらずに、シンプルだけど桃の風味をそのまま残せるかもしれないから、乾燥させてみるのはどう?うまくいくかやってみないとわからないけど色々な方法で試してみようよ。

 

ここからさら試行錯誤を重ね、ついに味と風味を失わない一つの乾燥方法を見つけ出したのでした。それは砂糖や保存料などの添加物を使用しない、無添加ドライフルーツ第一号のできあがりでもありました。

 

KAORI
できたー!!おいしい!これなら桃の風味もやさしい味わいも残ったままだしいつでも食べられる!
KOTA
そうだね。苦労した甲斐があったね。それに乾燥しながら時間を置くことでうまみも加わって、桃の新しい魅力を引き出せた気がするよ。

僕らは早速友人達に試食をしてもらい、友人達から良い評判をもらったことで自信をつけ、商品としての販売を始めました。その後は他の農家さんからお声がけ頂き、桃を乾燥する方法を他のフルーツにも取り入れ、様々なドライフルーツの製造もスタートしました。

商品として販売しつつ、日々ドライフルーツ・フルーツへの知見も深めていくなかで、生産農家だからこそ分かることが多々あることにも気が付きます。

 

KAORI
いままでいろんなものを試してきたけど、無添加ドライフルーツなら健康や美容にも一役買ってくれてる感じがするよ。生産農家として知っていること、もっとたくさんの人に広めたいよね。
KOTA
そうだね、農家だからこそ発信できることってあるよね。
KAORI
とりあえずWebサイト作って発信することを始めてみない?
KOTA
それだったら、BINに手伝ってもらおうよ!センスが抜群だし最新の流行りにも敏感だから、何かいいアイディアくれそう。あと、最近沖縄に移住したけどKIRARAがWebライターやってるから彼女にも声かけてみよう!
KAORI
そんな感じなんだけど、2人とも手伝ってもらえると嬉しいんだけどどうかな。
BIN
是非やろう!農業ってこれからの時代めちゃくちゃカッコいい仕事だと思っててずっと興味あったんだ。それに丁度今フルーツにはまってるんだ!AmiNatureの桃も大好きだしね。
KIRARA
AmiNatureのドライフルーツすごいおいしかったしおもしろそう!わたしでよければぜひやりましょう!

 

こうして東京、山梨、沖縄と日本各地から集まった4人。普段住んでいる場所や生活は違えど、僕たちは共通して一つの思いを抱いています。

「もっとたくさんの人にドライフルーツやフルーツのことを知ってもらい、豊かなライフスタイルを送ってもらいたい」

生産農家だからこそ発信できる情報で、みなさんの毎日の”キレイ”のお手伝いができれば幸いです。

 

 

 

桃ぶどう農家の向山浩太です。山梨で生まれ東京に出たのち、自動車開発関連の職に就きながら公私ともに日々たくさんの人に恵まれ助けられていました。起業意欲の塊だった20代後半、実家で桃農家を営む父の病気を機に山梨へ帰省することが増え、そこで改めて山梨の自然の強さに魅了されます。自分なりに何か進化した形を成したいと考え模索しフルーツの栽培、また妻と一緒にそれらを使ったドライフルーツの研究を始めています。地元の風情、土や川などを残していきたくてお祭りなどの地域イベントにもよく参加します。これから多くの人においしいフルーツを楽しんでいただけたらと考えています。
桃ぶどう農家に嫁いだ、KAORIです。2016年4月より山梨県に移住し、360度山の景色と果樹園に囲まれて生活しています。以前は都内で内装建築の仕事に携わり、商業店舗などの設計、施工管理をしていました。結婚後にKOTAの家の甘くて立派な桃を食べて、生まれて初めて桃のおいしさを知り感動しました。そのおいしさをそのまま届けたいと思い試行錯誤しながら研究を重ね、2015年から本格的に無添加ドライフルーツの製造開始。より多くの方々にわたしたちが育てた自然の恵みたっぷりのフルーツを、余計なものは使わずにみなさまにお届けたいと思っています。よろしくお願いいたします。
BINです。20代前半から海外からのファッション製品の輸入とブランディングの仕事に8年ほど夢中に走ってきました。しかし毎月のように欧州を往復する生活に心身ともに疲れ果て、気がつけば身体もうまく動かすことさえできなくなってしまいました。そこから本気で健康を取り戻そうと必死になっている時に出会ったのがアーユルヴェーダでした。僕は早速本場のスリランカに渡りました。そしてそこで学んだ回復食の一つがフルーツを取り入れた食生活であり、僕はそのおかげで元気に立ち直りました。僕がスリランカのアーユルヴェーダで感じたフルーツの可能性をAminatureを通じて伝えていければと思っております。
フリーライター、三輪きららです。2016年8月より沖縄へ移住し、海と空気に癒されています。主人と音楽とお酒とねこが大好き。16歳の時に体を壊して薬を飲んでも副作用の方が強いこともあって、薬に頼らずに心身ともにヘルシーな生活を探し続ける毎日です。AmiNatureのドライフルーツは、こうたさん・かおりさん・BINさんとの縁と、「ヘルシーとは」を探し続けている中で出会いました。体の中から、心までまるっとキレイにしてくれるAmiNatureドライフルーツの魅力を、すこしでも多くの方にお届けできれば幸いです。

 

 

LINEで送る
Pocket

OUR STORY

このサイトは4人の仲間で運営しています。

4人は東京で出会った仲間でした。 建築、ファッション、IT、自動車開発と皆第一線で数年活躍してきましたが、あまりに忙しすぎる都会の生活に、日々のリズムを崩してしまいました。これをきっかけに、わたしたちは都会を離れ、それぞれ新しい土地で新しい人生の歩み方を探し始めました。

そして数年後、個々が新しいライフスタイルを模索した結果にたどり着いた一つの解がフルーツ、ドライフルーツを取り入れた健康生活です。 その中で得た情報をより多くの人に向けて発信できないかと考えたわたしたちは、再びこのサイトに集うこととなりました。

フルーツやドライフルーツがすべての健康問題を解決できるとは考えておりません。それでも、このサイトを通して少しでも多くの方にとって、よりよいライフスタイルを送るためのヒントになれば幸いです。  
OUR STORY